プリントプレビュー表示

お客さま本位の業務運営に関する基本方針

2017年6月28日

第四銀行グループでは、金融商品販売業務において以下に定める「お客さま本位の業務運営」に関する基本方針に基づいて行動し、地域のお客さまの安定的な資産形成に貢献してまいります。

1. お客さま本位の業務運営に関する方針の策定・公表等

第四銀行グループでは、金融商品販売業務において、「お客さま本位の業務運営」を実現するための基本方針を定め、誠実・公正な業務運営に努めてまいります。

また、本基本方針に係る取組状況を定期的に公表するとともに、より良い業務運営の実現に向けて定期的に基本方針の見直しを行うことで、「お客さま本位の業務運営」を充実させてまいります。

2.お客さまの最善の利益の追求

第四銀行グループでは、地域のお客さまの資産運用・資産形成ニーズに的確にお応えしていくため、良質な金融商品・サービスの拡充に努めてまいります。

また、お客さまの最善の利益を図るべく、研修等を通じて、的確なアドバイスが出来る専門性の高い人材の育成に努めてまいります。

この他、金融商品販売に関するお客さま満足度調査を行い、従業員教育や商品・サービスの改善に活かしていくことで、「お客さま本位の業務運営」が企業文化として定着するよう、努めてまいります。

3.利益相反の適切な管理

第四銀行グループでは、お客さまとの利益相反について、「利益相反管理方針」に基づき、利益相反管理体制、利益相反管理の対象取引、利益相反管理方法等を定め、お客さまの利益が不当に害されることのないよう、適切に管理してまいります。

この他、金融商品の提供会社から手数料の支払いを受ける場合等、お客さまとの直接的な利益相反に該当しないケースにつきましても、これら手数料の多寡によってお客さまの利益が不当に損なわれることのないよう、取引モニタリング等を通じて適切に管理してまいります。

4.手数料等の明確化

第四銀行グループでは、金融商品の販売にあたり、お客さまから直接いただく手数料であるか、金融商品の提供会社からいただく手数料であるかの如何にかかわらず、契約締結前交付書面や目論見書、販売用資料、設計書等にて、その費用の詳細を分かりやすく説明し、お客さまが正しく投資判断を行えるよう、手数料開示に努めてまいります。

5.重要な情報の分かりやすい提供

第四銀行グループでは、お客さまに金融商品に関する情報提供を行う場合には、その投資対象や過去の運用実績等を踏まえ、商品の基本的なリターンやリスクの大きさ、値動きの要因、お勧めする商品の選定理由等、お客さまの投資判断に必要かつ重要な情報を、分かりやすくご説明するよう努めてまいります。

6.お客さまにふさわしいサービスの提供

第四銀行グループでは、お客さまの投資に関する知識、経験、財産の状況、契約締結の目的等を踏まえた上で、お客さまのニーズに合った金融商品・サービスを提供してまいります。

また、金融商品をお申し込みいただいた後につきましても、お客さまがお持ちの金融商品や市場動向に関する情報提供を行い、お客さまに安心して取引していただけるよう、努めてまいります。

この他、マーケット環境や金融商品に関するお客さま向けセミナー等の開催を通じて、金融取引に関する情報提供の機会を積極的に提供してまいります。特に、投資に関する知識・経験の浅いお客さまや、今後資産形成をお考えのお客さま向けの情報提供を充実させ、金融リテラシーの向上と投資家層の裾野を広げる活動にも積極的に取り組んでまいります。

7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

第四銀行グループでは、従業員一人ひとりが本基本方針に基づき、お客さまの最善の利益の追求を第一に考えて行動するよう、社内教育の徹底に努めてまいります。

また、従業員に対する適切な動機づけを図るための業績評価体系を取り入れるなど、お客さま本位の業務運営が促進されるよう、努めてまいります。

以上

お気軽にお問い合わせください
だいしコールセンター
0120-86-4464(ハローダイシをヨロシク)
9:00~20:00
(土日祝日・年末年始を除く)
一部のIP電話などフリーダイヤルがつながらない場合:025-226-6595(通話料有料)
このページの上部へ