プリントプレビュー表示

第四銀行って何?

『地域に貢献し地域と共に発展する金融サービス業』を目指して

新潟県を中心に営業基盤を持つ当行は、明治6年の創立以来、日本で最も歴史のある銀行として、地域の皆さまに支えられ、地域の発展と共に成長してまいりました。
地域の皆さま、株主の皆さまなど、あらゆるステークホルダーの皆さまの視点に立った「企業価値の向上」を目指して、これまで以上に地域経済社会の発展に向けた取り組みを行っています。

『お客さま第一主義』を真摯に追求し、真にお客さまのお役に立つためには、常にお客さまサイドに立った視点でニーズを把握し、サービスや新商品の開発に努めていかなければならないと考えています。

「元気な企業」を育てていくこと、支援していくこと、同時に新潟の産業全体に”新しい風”を送り込んでいくことが当行に求められていると考えます。また、「コンサルティング機能」を進化させ、付加価値の高い金融・情報仲介機能の提供により、地域社会とお客さまの発展、「地方創生」に貢献することを目指しています。

真のビジネスパートナーとして、そして、最も身近なパートナーとして、新潟がさらに豊かに発展するよう、また皆さまの暮らしが快適になるように、これからますます発展していく新潟を、私たちと一緒に”だいし”で応援しませんか!

”ふるさと新潟”には秘められた潜在能力が無限にあります。

当行の企業理念

ベストバンクとして地域に貢献し、親しまれ、信頼される銀行

変化に挑戦し、行動する強い銀行

創造性を発揮し、活力あふれる銀行

以上3つが私たちの基本姿勢です。そして、私たち地域金融機関の役割は、「お客さまと地域経済の発展のために、何が出来るか。 どうしたら本当にご満足していただけるのか。」を常に考え行動していくことであると考えます。

CSRへの取り組みについて

さまざまな企業活動を通じて社会に貢献することは、当行が地域と共に発展していくうえで、重要なことであると考え、全行挙げて積極的にCSRに取り組んでいます。「企業の社会的責任(CSR)」を果たすために、当行が地域振興・環境・社会貢献の3つの分野で展開している活動を紹介します。

このページの上部へ