プリントプレビュー表示

「だいし食・農成長応援ファンド」活用による創業支援について

17/04/21

 株式会社 第四銀行(頭取:並木 富士雄)と、だいし経営コンサルティング 株式会社(社長:
藤澤 豊)は、共同で設立した「だいし食・農成長応援ファンド」において、株式会社 ベジ・ア
ビオ(社長:田中 一幸)を投資先として決定しましたので、お知らせいたします。
 当社は「NSGグループ 学校法人 国際総合学園 新潟農業・バイオ専門学校」が中心となり平
成28年6月に設立した農地所有適格法人です。新潟県内初となる完全閉鎖型のユニット型植物
工場による苗の生産および、ICTを活用した環境制御型太陽光植物工場による高糖度トマトの生
産を行っています。
 第四銀行グループでは、これからもコンサルティング機能の発揮により、事業者の皆さまをサ
ポートし、新潟県の地方創生実現に貢献してまいります。
 ※「だいし食・農成長応援ファンド」は、「新潟県内の農林水産物を活用した事業」を行う事
  業者を対象とし、新潟県の基幹産業であり、さらなる成長が見込まれる農業・食品産業の高
  付加価値化を幅広くサポートする商品です。
                      記
1.投資案件の概要

投資先名

株式会社 ベジ・アビオ(代表取締役:田中 一幸)

所在地

新潟県新潟市中央区長潟2-1-4

出資決定額

10,000千円

出資金使途

事業規模拡大に伴う運転資金

事業の特徴

・ユニット型植物工場により、野菜苗、花卉苗、薬用植物苗を生産し、  県内を中心に供給。 ・環境制御型太陽光植物工場により高糖度トマト等の野菜を生産。 ・ICTを活用した先進的なスマート農業の実践により若者の新規就農を促  し、新潟県の農業を担う人材を育成。

2.投資決定のポイント   当ファンドを運営するだいし経営コンサルティング 株式会社では、以下のポイントを中心に  総合的に評価し、投資を決定いたしました。   ・県内初の植物工場による苗生産事業は、他の野菜生産者の発展にもつながること。   ・NSGグループの高等教育機関、医療・福祉事業や飲食事業との相乗効果も見込まれ、今後    の成長が期待できること。                                           以 上                               【本件に関するお問い合わせ先】          第四銀行 コンサルティング推進部/長谷川 電話(025)229-8164             だいし経営コンサルティング/石 井 電話(025)226-7605
このページの上部へ