プリントプレビュー表示

頭取メッセージ

取締役頭取 並木富士雄

 平素より第四銀行グループをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

 当行では、平成27年度からスタートさせた「中期経営計画『ステップアップ 2nd Stage』」において、「コンサルティング機能の進化」を最重要戦術に掲げ、地方創生への貢献を通じて、地域とともに持続的に成長していくことを目指しております。「ステップアップ 2nd Stage」の最終年度にあたる平成29年度は、その総仕上げとして、さまざまな活動に取り組んでおります。

 地方創生に向けたお客さまへのご支援としては、28年度よりご提供しております海外市場の開拓ニーズにお応えし事前準備から取引開始まで一貫してお手伝いする「グローバル市場開拓チャレンジプログラム」に加え、本年11月からは、全国的に見ても低い水準にある新潟県の創業率向上に貢献するため、創業から持続的成長までを一貫してお手伝いする「ニュービジネス・ワンストップサポートプログラム」を開始しております。

 また、社会全体のデジタル化に伴い多様化しているお客さまのニーズに対応するため、5月よりお客さまの資産運用をサポートするロボアドバイザーサービス「ロボアド&シミュレーション」のご提供を開始したほか、8月にはスマートフォン用の「だいし銀行アプリ」の取り扱いを開始いたしました。

 10月には、TSUBASA金融システム高度化アライアンス加盟行により、オープンAPIを活用した先進的な金融サービスのご提供に向けた「TSUBASA FinTech共通基盤」の開発に着手しており、今後もFinTechを始めとするIT技術の急速な進歩を取り込んだ利便性の高いサービスの開発やご提供に努めてまいります。

 当行は、株式会社北越銀行と経営統合に関する基本合意書を締結し、持株会社設立に向けて準備を進めているところです。10月には当初の統合スケジュールを半年延期し、持株会社の設立予定時期を平成30年10月に変更いたしましたが、両行の協議は順調に進んでおります。

 本経営統合の第一の目的である「地域への貢献」の早期実現に向けて、引き続き準備活動に鋭意取り組んでまいります。

 何卒、従来にもましてご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

以上

2017年11月

株式会社 第四銀行 取締役頭取 並木富士雄

このページの上部へ