プリントプレビュー表示

利益相反取引の管理方針について

2018年10月1日

第四銀行および第四北越フィナンシャルグループのグループ内会社(以下、「当社グループ」といいます。)は、当社グループが行う業務にかかるお客さまの利益が、利益相反のおそれのある取引によって、不当に害されることのないよう、適正に業務を遂行いたします。

1.利益相反のおそれのある取引の類型

利益相反とは、当社グループとお客さまとの間、ならびに当社グループのお客さま相互間において利益が相反する状況をいいます。

当社グループでは、利益相反管理の対象となる利益相反のおそれのある取引として、以下に該当するものを管理いたします。

・お客さまと当社グループまたは他のお客さまとの利害が対立する取引

・お客さまと当社グループまたは他のお客さまが、同一の対象に対して競合する取引

・当社グループが、お客さまとの関係を通じて入手した情報を利用して、当社グループまたはほかのお客さまが利益を得る取引

・上記取引に準ずる取引その他お客さまの利益を不当に害するおそれがある取引

2.利益相反の管理方法

当社グループは、利益相反のおそれのある取引について、以下の方法または以下の方法を組み合わせることにより、お客さまの利益が不当に害されることがないよう利益相反を管理いたします。

・利益相反を発生させる可能性のある部門を分離し情報を遮断する方法

・利益相反のおそれがある取引の条件または方法を変更する方法

・利益相反のおそれがある取引の一方の取引を中止する方法

・利益相反のおそれがあることをお客さまに適切に開示し同意を得る方法

・その他の適切な方法

3.利益相反管理体制

適正な利益相反管理のため、利益相反管理の統括部署を設置し、当社グループの情報を集約するとともに、利益相反のおそれのある取引の特定および管理を一元的に行います。

また、これらの管理を適切に行うため、研修・教育等を実施し、当社グループ内に周知・徹底いたします。

4. 利益相反管理の対象となる会社の範囲

利益相反管理の対象となる会社の範囲は、以下の当社グループ内会社です。

○株式会社第四北越フィナンシャルグループ

○第四リース株式会社

○第四ジェーシービーカード株式会社

○第四ディーシーカード株式会社

○第四証券株式会社

○だいし経営コンサルティング株式会社

○株式会社北越銀行

○北越リース株式会社

○北越カード株式会社

以上

お気軽にお問い合わせください
だいしコールセンター
0120-86-4464(ハローダイシをヨロシク)
9:00~20:00
(土日祝日・年末年始を除く)
一部のIP電話などフリーダイヤルがつながらない場合:025-226-6595(通話料有料)
このページの上部へ