プリントプレビュー表示

本部組織の一部改正について

17/02/15

 株式会社 第四銀行(頭取:並木 富士雄)では、中期経営計画「ステップアップ 2nd Stage」
の実現に向け、下記のとおり本部組織の一部改正を実施しますので、お知らせいたします。
                     記
1.概要・目的
(1)営業本部
 ・「フィンテック」などIT技術の活用による新金融サービスの実現に向けた態勢を強化し、
  企画立案から開発までのサイクルを加速化させるため、営業統括部に「ITイノベーション
  推進室」を新設いたします。
 ・「事業性評価」の企画・推進機能を一元化し、「事業性評価」に基づく法人営業推進態勢の
  強化に向けて、「コンサルティング推進部」に「事業性評価推進担当部長」を配置いたしま
  す。
(2)管理部門
 ・これまで複数の部署に分散していたリスクコントロール機能を集約する観点から、経営監理
  部を「リスク統括部」とし、コンプライアンス・リスク統括室を「コンプライアンス室」に
  改め、融資統括部の与信企画ラインを「リスク統括部」に統合するとともに、事務統括部の
  法務・金融犯罪対応業務、及び総務部の一部業務を「コンプライアンス室」に移管いたしま
  す。
 ・融資部門の連携強化を図るため、融資統括部の事務企画ラインを審査部に統合いたします。
 ・業務事務の効率性や専門性を高めるため、国際部の全業務を事務統括部に移管し、外為事務
  に関する企画、管理や営業店サポート機能を事務統括部に集約いたします。
 ・以上より、融資統括部と国際部は廃止いたします。本部機能の効率性、専門性の向上と併せ、
  管理部門のスリム化によってトップライン改革の進化に向けた営業人員を捻出いたします。
 ・なお、本部・営業店の業務全般における現行の事務プロセスをゼロベースからの発想で抜本
  的に見直すため、事務統括部に「事務プロセス改革PT」を設置いたします。
  変更後の組織図についてはこちらをご覧ください。 

2.実施日
 平成29年3月1日(水)
                                        以 上
              【本件に関するお問い合せ先】電話(025)222-4111 
     総合企画部/大内(内線4010)、大谷(内線4015)、三島(内線4012)
このページの上部へ