プリントプレビュー表示

奥阿賀創生事業 株式会社への「だいし食・農成長応援ファンド」による出資について

18/02/14

 株式会社 第四銀行(頭取:並木 富士雄)と、だいし経営コンサルティング 株式会社(社長:
今泉 彰彦)は、共同で設立した「だいし食・農成長応援ファンド」により、奥阿賀創生事業 株
式会社(代表取締役:今井 淳、坂上 英男、山口 庫幸)に出資いたしましたので、お知らせい
たします。
 奥阿賀創生事業 株式会社は、中山間地域ならではの農産物を生産し、加工販売まで行う6次
産業化事業体であり、本ファンドで調達した資金は新規創業に伴う運転資金として充てられます。
 第四銀行グループでは、これからもコンサルティング機能の発揮により、事業者の皆さまをサ
ポートし、新潟県の地方創生実現に貢献してまいります。
 ※「だいし食・農成長応援ファンド」
  「新潟県内の農林水産物を活用した事業」を行う事業者を対象とし、新潟県の基幹産業であ
   り、さらなる成長が見込まれる農業・食品産業の高付加価値化を幅広くサポートする商品。
                       記
1.投資案件の概要

投資先名

奥阿賀創生事業 株式会社 (代表取締役:今井 淳、坂上 英男、山口 庫幸)

所在地

新潟県東蒲原郡阿賀町八ツ田1595

出資額

4,500千円

出資金使途

新規創業に伴う運転資金

事業概要

<事業目的> ・総務省の「地域おこし協力隊」を活用した6次産業化事業により、地域  経済の活性化、雇用創出による協力隊員の定住化を図る。 <事業内容> ・黒米、ブラックベリー、山菜など中山間地域ならではの農産物生産販売。 ・甘酒やグラノーラなど6次産業化商品の加工販売。

2.投資決定のポイント   当ファンドを運営するだいし経営コンサルティング 株式会社では、以下のポイントを中心  に総合的に評価し、投資を決定いたしました。   ・代表取締役である山口氏のノウハウを活かした農産物および加工品の品質は、他社との    差別化が可能であること。   ・阿賀町の活性化や地方創生に資する事業であること。                                        以 上                            【本件に関するお問い合わせ先】         第四銀行 コンサルティング推進部/白井 電話(025)229-8164            だいし経営コンサルティング/石井 電話(025)226-7605
このページの上部へ